So-net無料ブログ作成
検索選択

元次官連続殺傷、30日に判決=死刑求刑、小泉被告に−さいたま地裁(時事通信)

 元厚生事務次官連続殺傷事件で、殺人などの罪に問われた無職小泉毅被告(48)の判決公判が30日午後、さいたま地裁(傳田喜久裁判長)で開かれる。当時の厚生省のせいで飼い犬を殺されたと思い込み、元同省次官ら3人を殺傷した凄惨(せいさん)な事件。検察側は死刑を求刑している。
 小泉被告は昨年11月の初公判で、起訴事実を大筋で認める一方、「自分が殺したのは邪悪なマモノ。無罪を主張する」と殺害を正当化。その後の公判では「2日間でできるだけ多くのマモノを殺そうと思っていた。死刑は確定しています」などと発言していた。
 検察側は「34年ほど前に飼い犬が殺されたと思い込み、復讐心から事件を起こした。何ら正当性がない理不尽な犯行で酌量の余地はない」と指摘。精神状態に問題はなかったとの鑑定結果が出ているが、弁護側は「(小泉被告は)事件当時、心神耗弱状態にあった」とし、自ら出頭したことなどを考慮して死刑は回避すべきだと主張している。 

【関連ニュース
〔ニュース解説〕元厚生次官宅連続襲撃事件
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
再審無罪で支援者集会=冤罪被害者も参加
安重根の遺骨収集へ協力を=処刑100年で日本に要請へ
地下鉄サリン事件から15年=霞ケ関駅で鳩山首相ら献花

日本の医療制度を守るために(医療介護CBニュース)
中井氏、女性問題を官房長官に釈明 閣僚辞任は否定(産経新聞)
神戸の児童自立支援施設で体罰 市が処分を検討(産経新聞)
<不正経理>神奈川2副知事を更迭 松沢知事(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>発覚直後に在庫を投棄 天洋が証拠隠滅か(毎日新聞)



<電話不通>東京の板橋区役所で12時間以上 機器の故障か(毎日新聞)

 26日午前9時ごろ、東京板橋区板橋2の同区役所本庁舎で、電話回線がすべて不通となり、閉庁後の同日午後10時過ぎにようやく復旧した。通信機器の故障が原因とみられ、NTT東日本が詳しく調べている。

 同区役所によると、本庁舎には192回線750台の電話機がある。午前9時ごろ、外線、内線とも一切通じなくなった。NTT東などによると、庁舎内の電話線をまとめて交換機につなぐ通信機器が故障したらしい。同区役所には通常、代表電話だけで1日約1000本の電話がかかるといい、担当者は「年度末の忙しい時期に大変ご迷惑をかけて申し訳ない」と話している。【合田月美】

<小林陣営違法献金>「法令順守する」自治労(毎日新聞)
公明 神崎、坂口氏が議員辞職、引退へ 世代交代を加速(毎日新聞)
<児童ポルノ対策>ブロッキング導入先送り 違法性見解割れ(毎日新聞)
密約文書「破棄」、調査へ=東郷氏証言受け、岡田外相表明(時事通信)
デジカメ“一芸”をアピール(産経新聞)



「ガンブラー」、サーバーは独仏など5か国(読売新聞)

 大手企業などの公式サイトに新型コンピューターウイルス「ガンブラー」が埋め込まれた問題で、閲覧者が誘導され、ウイルスに感染させられる不正サイトのサーバーが、フランスドイツなど欧州5か国に置かれていたことが警視庁の調べでわかった。

 同庁は23日、5か国の捜査当局に対し、サーバーの契約者情報の提供など捜査協力を要請した。

 ガンブラーは、ウェブサイトを改ざんして、感染を広げるウイルス。

 サイトに接続した後に不正サイトに誘導し、ウイルスを埋め込むが、画面上には最初にアクセスしたサイトの画面が表示され続けるため、閲覧者が気付かないまま感染するのが特徴だ。

 昨春頃から世界各地で出回り、日本国内でも昨秋以降、大手企業や自治体の公式サイトでガンブラーによる改ざんが確認されている。

 同庁の発表によると、公式サイトが改ざんされたとして被害を届け出るなどした国内13の企業や団体について、同庁が通信履歴などを解析した結果、誘導先の不正サイトはフランス、オランダ、ドイツ、イギリス、ルクセンブルクの計31サーバーにあったことが判明したという。

離婚後の子供の扱いめぐって日米摩擦 米議員「国際的な子供拉致」(産経新聞)
「一緒に歌おう」カラオケ部屋侵入、強姦未遂で男逮捕(産経新聞)
小林氏の進退、首相「終わったと思っていない」(読売新聞)
<喜多方ラーメン>商標登録ダメ 店主らが知財高裁に提訴(毎日新聞)
「危機的だ」政権内部からも悲鳴 参院選戦略見直し論も(産経新聞)



<訃報>ウォルフガング・ワーグナーさん90歳=演出家(毎日新聞)

 ウォルフガング・ワーグナーさん90歳(独バイロイト音楽祭前総監督、演出家、舞台美術家)バイロイト音楽祭事務局によると、20日、独南部バイロイトで死去した。死因は明らかにされていない。

 作曲家リヒャルト・ワーグナーの孫。バイロイト生まれ。1951年、兄ウィーラントとともに第二次大戦後に中断されていた同音楽祭を再開した。ウィーラントは66年に死去したが、その後も2008年まで半世紀以上にわたって音楽祭を率い、「世界史上、勤続最長の(劇場)総監督」と呼ばれた。

 伝統を破って外部から演出家を招いたほか、新たな指揮者や歌手を巧みに起用して音楽祭の名声を高めた。一方で、音楽祭の主催財団が01年に指名した一族内の後継者候補を受け入れず、高齢を押して総監督を続けた。後継者問題は08年、ライバル同士だった腹違いの娘2人が2頭体制をとることで一転決着した。【ベルリン小谷守彦】

橋下知事、万博公園活用でパラマウントと協議へ(読売新聞)
隠れた食材で新「郷土の味」(産経新聞)
<スギヒラタケ>強い毒性、腎機能正常でも 高崎健康福祉大(毎日新聞)
与党慣れせず、ヤジに過敏…閣僚に簗瀬氏苦言(読売新聞)
<坂田賞>毎日新聞の点字報道に(毎日新聞)



「消えた年金」問題でアピール=パネル使い熱弁−長妻厚労相(時事通信)

 長妻昭厚生労働相は18日午前、社会保障雇用に関する参院予算委員会の集中審議で、納付記録のない「消えた年金」問題などへの取り組みについて、パネルを使いながら熱弁をふるった。国会審議で閣僚がパネルを持ち出すのは珍しく、野党時代に「ミスター年金」と異名を取った得意の年金記録問題で自らの実績をアピールした。
 民主党の津田弥太郎氏への答弁で、長妻氏は、年金事務所の窓口で迅速に記録を回復するために導入した新たな基準や、国民年金の未納保険料を10年分さかのぼって払える国民年金法改正案などを説明。「今まで年金を受給できないと思っていた方が受給できる取り組みを続けており、まだ第1歩だが、第2弾、第3弾を打ち出したい」との考えを示した。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

岡田外相「佐藤元首相、沖縄欺いた」(産経新聞)
大洋薬品の高山工場を業務停止処分へ―岐阜県(医療介護CBニュース)
<民主>国会改革で全体会議 単独提案も視野(毎日新聞)
朝鮮学校無償化、総連が各校に“獲得”を指示 金総書記の意向受け(産経新聞)
<雑記帳>愛媛県警が着うた 振り込め詐欺「騙されん音頭」(毎日新聞)



千葉県で震度3(時事通信)

 16日午前7時30分ごろ、関東地方を中心に地震があり、千葉県大多喜町で震度3の揺れを観測した。気象庁の観測によると、震源地は千葉県北西部で、震源の深さは約70キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.4と推定される。主な各地の震度は次の通り。
 震度3=千葉県大多喜町
 震度2=千葉市、茨城県坂東市、さいたま市、東京都千代田区、横浜市、山梨富士河口湖町、静岡県富士宮市。 

【関連ニュース】
福島で震度5弱、1人けが=北海道から近畿まで揺れ-1週間は余震注意・気象庁
宮城などで震度4
津波予測、来春にも改善=当初規模から日本沿岸まで
チリ大地震、M8.8に修正=気象庁が再解析
北海道根室市で震度3

川越線、埼京線の上りで運転見合わせ…夜間作業に遅れ(読売新聞)
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長(医療介護CBニュース)
今も癒えぬ傷…秋葉原殺傷公判で被害者証言(読売新聞)
阪神なんば線開業1年 商機つないだ新線力 百貨店・ホテル・大学潤う(産経新聞)
小林千代美議員、13日聴取…違法献金認識焦点(読売新聞)



首相、谷垣氏を“激励”(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は8日夜、自民党内で谷垣禎一総裁の辞任論が出ていることについて「谷垣氏は大変、ある意味での良識をお持ちのなかで総裁になられたと思っている。頑張って、二大政党政治の一翼を担っていただきたい」と“激励”した。首相官邸で記者団の質問にこたえた。

<自殺>硫化水素で女性 5世帯一時避難 松戸のマンション(毎日新聞)
愛子さま学習院不登校 学校側「学級崩壊」否定(J-CASTニュース)
<警視庁>異例の捜査1課長を解任 女性トラブルで(毎日新聞)
漫画などの児童ポルノ規制 都、条例改正案を説明(産経新聞)
【健康】ヨウ素 取りすぎ注意 「食事摂取基準」来月改定(産経新聞)



<柔道整復師>無資格10講師が授業、卒業生145人補講へ(毎日新聞)

 骨折や脱臼などの治療にあたる柔道整復師を養成する静岡市駿河区の静岡医療学園専門学校(学生約140人、講師約20人)が04〜07年度にかけ、講師資格のない約10人に授業を担当させていたことが、厚生労働省の調べで分かった。同省東海北陸厚生局は週内にも同校を立ち入り調査し無資格講師に授業を受けた当時の学生に補講を受けさせるなどの指導をする。補講対象者は約145人で、中には500時間超の補講が必要な卒業生もおり、異例の規模という。

 柔道整復師法は国家試験の受験資格として、国が指定する大学や専門学校などで3年以上学び、解剖学や生理学などの専門知識を習得するよう定めている。授業は厚労省の講師資格を得た柔道整復師や医師らが担当することになっている。

 厚労省などによると、同校は解剖学や一般臨床医学、柔道の実技などを資格がない講師が教えていた。補講対象者は卒業生約145人で、うち約130人は既に国家試験に合格。同省は「学生が悪いわけではない」として特例的に補講を受けることで対応する。

 ただ時間数は1人あたり約500〜150時間になる見通しで、既に働いている卒業生もおり、重い負担となりそう。同省の担当者は「補講の対象者数や時間数がこれだけの規模になるケースは聞いたことがない」と話す。同校は08年7月、無資格講師1人が一般臨床医学の授業を行っていたことが発覚。厚労省は在校生103人に1人あたり約35時間の補講を行うよう指導した。その後「ほかにもある」との情報が寄せられ、調査していた。赤羽勝雄校長は取材に「厚労省の指導を待って真摯(しんし)に対応したい」と話した。【浜中慎哉】

【関連ニュース
<無免許ではり治療>大阪の副院長ら逮捕 肺損傷で主婦死亡
<無資格で示談交渉>熊谷の弁護士法違反:容疑者「交渉うまい」と評判
<無免許の教員>無免許講師採用、知事は「確認方法ない」 /三重
<高浜市議の無免許運転>実刑判決で市議会、再度の辞職勧告も /愛知
<こちらも無免許>9年近く公用車運転 札幌市職員を懲戒

<鳩山首相>「いのち」確認の一日?お宮参り後、墓前で合掌(毎日新聞)
松原市長が謝罪 ごみ“ヤミ処分”問題(産経新聞)
交通費渡して「大阪市に行け」 生活保護「たらい回し」表面化(J-CASTニュース)
皇太子さま、ガーナ入り(時事通信)
山岡氏、主導の質問研究会でマニフェスト案検討も 党内中堅のガス抜きか(産経新聞)



ランの一瞬の美、写真で切り取る 資生堂名誉会長・福原氏写真展(産経新聞)

 資生堂名誉会長で東京都写真美術館館長を務める福原義春氏によるランの写真展「私と蘭138」が6日、東京・銀座の和光並木ホールで始まった。

 福原氏がこれまで栽培してきたランを自ら撮影した写真から厳選した138点を展示。来場者は色とりどりに咲き誇るランの一瞬の美しさに見入っていた。

 福原氏は文字文化の普及に努める「文字・活字文化推進機構」会長などを通じて文化振興に取り組むかたわら、私生活では園芸家や写真家としての顔も持つ。平成14年からランの写真展を開いており、今回は最大規模という。福原氏は「ランにはあらゆる形、美しさがある。その奥深さを感じてほしい」と話している。

 18日まで(7、14日は休館日)。午前10時半〜午後6時半。入場無料。問い合わせは和光並木館(電)03・3562・2111。

パトカーが女子高生と接触 大阪・岸和田(産経新聞)
<寒緋桜>淡いピンクの花がもう満開−福岡の神社(毎日新聞)
膣委縮症治療薬でライセンス契約―塩野義製薬(医療介護CBニュース)
<消された年金>記録訂正の確認手段 厚年基金や健保でも(毎日新聞)
のぞみトラブル オイル漏れ感知せず(毎日新聞)



<大島幹事長>舛添氏に自重促す 総裁辞任に講演で言及(毎日新聞)

 自民党の大島理森幹事長は2日の記者会見で、舛添要一前厚生労働相が講演で谷垣禎一総裁の辞任に言及したことについて、「そういうことは言うべきではない。われわれが先般の衆院選で国民から厳しい指摘をいただいたとき、舛添氏は内閣にいたはずだ」と批判した。麻生太郎首相(当時)の進退を巡る党内対立が衆院選大敗の一因になったことを踏まえ、新党含みの発言を繰り返す舛添氏に自重を促したものだ。

 谷川秀善参院幹事長も舛添氏の発言を問題視し、3日にも本人に真意をただす。

 一方、舛添氏から連携相手に名指しされた仙谷由人国家戦略担当相は2日の会見で「政界再編話はある部分の方々には興味の対象かもしれないが、私にはまったく現実味がない」と否定。「最近は(舛添氏と)まったく話をしていない。ちょっと彼のリップサービスが過ぎるのか、ほかの意図なのかよく分からない」と不快感を示した。【小山由宇、木下訓明】

【関連ニュース
自民・舛添氏:「谷垣降ろし」や新党結成の可能性に言及
自民党:舛添、菅、塩崎氏ら勉強会発足 政界再編含み?
舛添要一氏:「首相」宣言 新党結成は否定
舛添前厚労相:「谷垣降ろし」可能性に言及
自民党:舛添、菅、塩崎氏らで勉強会 再編含み?初会合に30人

「結婚は不自由…子供持てば一層」埼玉県教育委員長が発言(産経新聞)
愛子さまが通学せず=学校生活、不安訴え−宮内庁(時事通信)
<入れ歯安定剤>自主回収 健康被害の恐れ(毎日新聞)
<訃報>森本妙子さん87歳=毎日書道展名誉会員(毎日新聞)
アレルギー対策の方向性、新たな検討会で(医療介護CBニュース)



このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。