So-net無料ブログ作成

飛行機欠航で費用は? 座席等級で対応に差あり(産経新聞)

 アイスランドの火山噴火の影響で、欧州便を中心に相次いだ飛行機の欠航。日本でも成田空港で足止めになる客が多く出るなど、影響を受けた。ゴールデンウイークに海外に出かける人も多いだろう。だが、果たして飛行機が欠航してしまったら、その間の必要な費用は負担しなければならないのか。旅行プランはどうなるのか。航空会社や旅行会社に対応を聞いてみた。(道丸摩耶)

 ◆格安券は要注意

 日本航空と全日空によると、火山噴火や台風など天災による欠航は会社側の責任ではない。そのため、それに伴う宿泊や食事などの費用は原則として客の負担だ。欠航便の航空券は別便や他社便に振り替えることができるが、格安航空券の中には記載便名しか乗れない場合や、予約変更ができないものも。そうなると、天災が理由でも手数料や新たな料金が必要となる。

 責任はないといっても、「人道上の配慮で、空港で寝泊まりする客に毛布を配ったり、ホテルを手配したりすることはある」(日本航空)。成田国際空港会社も「人道上の措置として食料やシャワールームを提供することはある」と話す。

 座席の等級によっても対応は異なる。空港関係者によると、ファーストクラスやビジネスクラスの場合、航空会社に利便性の高いホテルを手配してもらえることが多いという。子供連れなども優先順位は高い。

 一方で、格安の航空会社では欠航後の対応をしないところもある。反対に、天災であっても宿泊費を負担してくれる航空会社もあり、会社や空港によって対応は分かれる。

 ◆会社都合の場合は?

 では、航空会社の都合による欠航の場合はどうか。日本航空では「他社への振り替えや臨時便など、最短で目的地に行けるようあらゆる案内をする」と説明。機内食が出るはずの便が遅れた場合は、空港内で使える「ミールクーポン」を出すケースもあるという。宿泊費や交通費も原則として会社負担だが、この場合も座席の等級によって負担額は異なってくる。

 気になるのが、ファーストクラスの搭乗券を他社に振り替えた場合、同じファーストクラスに乗れるかどうかだが…。「弊社のファーストクラスの料金が他社の同クラスと同じとはかぎらないので、ケース・バイ・ケースです」(日本航空)

 旅行会社のパック旅行はどうなるのだろうか。JTB広報室によると、「帰りの便が欠航した場合、客と連携して早く帰れる手段を探す」とのことだが、出発前に欠航が分かった場合は「旅行はキャンセルになる」。日にちをずらして再度申し込んでも「まったく新しい旅行」扱いとなり、価格差がある場合は新たな料金が適用されるそうだ。

                   ◇

 ■海外旅行保険の適用は?

 飛行機の欠航で宿泊費などの新たな出費が出た場合、それをカバーする保険はないのだろうか?

 JTBによると、「海外旅行保険にはさまざまな種類があり、特約などを付けることもできる。ただ、天災の場合は免責されるものがほとんど」だという。

 中には、東京海上日動の海外旅行保険特約「旅行変更費用補償」など、天災で旅行が中止になったり足止めとなったりした際の交通費や宿泊費が補償されるものもある。ただ、「あらかじめ噴火が分かっている場合などは対応が異なる」(同社)ので注意が必要だ。

豊田章男・トヨタ自動車社長 人がいいのはいいけれど… (産経新聞)
<衝突事故>1人死亡 信号無視でパト追跡 愛知・蒲郡(毎日新聞)
<変死>茨城の路上で胸に刃物が刺さった女性 殺人で捜査(毎日新聞)
元秘書有罪「責任感じる」=資料提出は消極姿勢−鳩山首相(時事通信)
福祉用具レンタル、9割がリピーター(医療介護CBニュース)



九州電力設備に車突っ込む、長崎中心部で停電(読売新聞)

 18日午前6時50分頃、長崎市栄町の県道で、長崎県島原市の建設作業員男性(20)が運転していた乗用車が、歩道にある九州電力の送電設備に突っ込んだ。

 設備が破損し、一時、200世帯が停電した。同日午前10時現在も、17世帯が停電中という。

 現場は、長崎市中心部のマンションなどが立ち並ぶ一帯。長崎署によると、周辺の信号機も約2時間作動しなくなり、同署員が交通整理にあたった。信号機はすでに復旧した。

民主「飛んでイスタンブール」庄野真代さん擁立へ(産経新聞)
ハノイ貿易大 日本語の簿記講座開設へ 学長ら来日(毎日新聞)
<中国毒ギョーザ>中国側捜査員月内にも来日(毎日新聞)
ペーパーショウ 紙の魅力を再発見 東京「丸ビル」で開催(毎日新聞)
情報公開 首相が最終判断 検討チームが素案提示(産経新聞)



触った相手は女性警察官=電車内、容疑で43歳男逮捕−警視庁(時事通信)

 電車内で女性警察官の体を触ったとして、警視庁成城署が東京都迷惑防止条例違反容疑で、多摩市諏訪、アルバイト豊島一宏容疑者(43)を現行犯逮捕していたことが19日、同署への取材で分かった。同署によると、容疑を否認し、「電車の揺れで手が当たっただけ」と供述しているという。
 逮捕容疑は16日午前8時55分ごろ、京王線上り電車内で、立っていた同署交通課の女性警察官(25)の下半身をズボンの上から手で触った疑い。 

【関連ニュース】
入省したての農水省職員逮捕=電車内で女子大生触った疑い
「痴漢は絶対に許さない!」=警視総監らがチラシ配布
救急救命士、盗撮の疑いで逮捕=コンビニで女子高生に
ベテラン刑事を盗撮、その場で御用=容疑の31歳男
逮捕の警部補、盗撮も=県警が懲戒処分

切れないナイフ、男性を釈放=銃刀法違反容疑で逮捕−警視庁(時事通信)
【Web】プラスネットで新ラジオ(産経新聞)
現役首長らが新党「日本創新党」を結成(読売新聞)
薬師寺 映画「春との旅」奉納される(毎日新聞)
橋下知事代表“維新の会”が政治団体を届け出 さらに拡大も(産経新聞)



消えたはずのライター…思わぬ着火で事故多発(産経新聞)

 ライターを消したと思ったのに、完全に消火できておらず、引き出しの開閉時に着火したり、衣服に燃え移るなどする事故が相次いでいることが13日、独立行政法人「製品評価技術基盤機構」(NITE)の発表で分かった。平成16〜20年度にこうしたライターの事故は132件発生しており、死亡事故も1件、重軽傷事故は57件起きていた。同センターでは13日、事故事例を公表し、注意を呼びかけた。

 事故原因の内訳は、使用者の不注意が中心の「製品に起因しないもの」が36件と3割近くに上ったが、「製品に起因するもの」も26件あった。ほかには「原因不明」が57件、「調査中」が13件となっている。

 事故現象別では、火を付けた後、完全に消火できていない状態に気づかず、衣服などに燃え移るケースが38件と最も多く、引き出しの開閉時などに意図せずに着火するケースも16件あった。ほかに着火時に予想外の大きな炎が出るケースが15件あった。

 福島県で走行中の乗用車が全焼したケースでは、電動シートの位置を移動させた際、シートレール上に落ちていた電子式ガスライターの着火レバーが押されたことが原因とみられるという。兵庫県の男性はガス調整が不具合なライターを点火したところ、大きな炎が出て額に軽傷を負った。

 同センターは「ライターのメカニズムを十分理解して、取り扱いに注意してほしい」としている。

【関連記事】
日本医師会宛の鉢植え発火 職員のライターからフィルム引火か
ワゴン車炎上 子供だけ…相次ぐ悲劇 専門家「常に危機感持って」
火遊びで引火? 長女が以前ライター使い注意 車炎上、子供4人死亡
5歳男児虐待で義父逮捕 投げ飛ばし、ライターの火押し付け
幼児のライター遊び原因か 東京・練馬の幼児2人死亡火災

武市瑞山あて書状を公開=各藩志士の連携説く−竜馬が届ける・高知(時事通信)
平沼新党、ネーミングは「たちあがれ日本」(読売新聞)
参院選 タレントの岡部まり氏 出馬会見へ 大阪選挙区(毎日新聞)
うそ供述でラーメン店長かばう  犯人隠避容疑で従業員を逮捕 京都(産経新聞)
<JR北海道>特急展望室を廃止 衝突事故受け(毎日新聞)




「及第点いただきたい」就任1年前に森田知事(読売新聞)

 就任1年を前に、森田千葉県知事がインタビューに応じ、移動交番や子ども医療費助成の拡大などの実績を強調した。

 ――1年の感想を

 「考えていたことを一つずつぴちっと決めた。振り返ると早かった」

 ――自身の評価は

 「及第点はいただけるのではないか。いただきたいと思っている」

 ――リーダーシップを発揮できたことは

 「北総線の値下げ合意。前原(国土交通相)さんが提案を出してくれたのだから、これに乗って、まずは切り崩すぞと、県職員に言ったら、それで一丸となった。これがチームスピリットだ」

 ――公約に掲げた治安担当副知事の導入は

 「3人目は条例を変えなくてはいけない。2人の副知事が優秀なので、もういいと思っている」

 ――自らの政治資金問題への対応については

 「選挙が終わってガチャガチャやっていて、東京湾アクアライン(の値下げ)も進めていたから、訳が分からないところもあった。でも、ちゃんとなっている」

 ――今年秋に公表される政治資金収支報告書では、クリアになっているのか

 「もちろん適切だ」

 ――新年度以降の課題は

 「子ども医療費助成を任期内に中学3年までに拡大したい。移動交番も結果がでてくる。結果をみて増強も考えたい」

 ――成田空港周辺でのカジノ構想を打ち上げた

 「雇用、経済活性化、羽田空港との差別化が必要。表明したことで、政財界や地元の反応を聞きたい」

答申無視の派遣法改正、労政審が異例の抗議へ(読売新聞)
電車内で痴漢行為、警視庁警部補を現行犯逮捕(産経新聞)
<人事>農林水産省(毎日新聞)
<後半国会>本格化 民主、目玉法案審議入り(毎日新聞)
長妻厚労相、審議会に陳謝=派遣法案修正で抗議受け(時事通信)




このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。